読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

johntasの日記

ただの大学生の思考の垂れ流しです

現状と目標

地方の大学に通う理系大学生。再受験のため休学中。一人暮らし。20歳。彼女なし。サークルは全てやめた。バイトは今はやっていない。プログラミングを志す。友達の影響でポーカーうまくなりたいなあと思ってる(大して思ってない)。知的でありたいと思う。でも知的と見られたくない。日々何となく過ごす。

自分で思う自分のことを書き連ねてみた。これを客観的に見てみる。主観的に見たほうがもっと惨めなのだけれど、客観的に見てもあまり充実していないのではないかと感じ取れそうだ。

 

自分が実現したいことを最低限書いてみる。

  • 東京の某私大に合格する。
  • それによって安心して情報系のことを学べる環境を得る。
  • 東京に住む、それ自体も叶えたい目標である。
  • サークルに2つばかり入る。
  • 時給のいいバイトをしてそれを元手にFXや株をシストレでやってみたい。
  • 色々な面白い人と知り合いになる。
  • ベンチャー企業インターンなどをする
  • 仲のいい女友達を持つ(彼女はとりあえずもういいかな。。。)

もっとあるけど、とりあえずここまで。ここまで書いて気づいたことは、つまり僕は環境を変え、リセットすることで、自分を変えたいということだ。なるほど、ありきたりだ。

東京の大学に受からなかった場合、僕は復学することになっている。親はどうしても僕に大学を卒業してほしいそうだ。

どうしても復学するのは嫌だ。復学した先に明るい未来は見えない。いや、そんなネガティブな理由ではない。それなりに明るくなるのだろうけど、どうしても東京で大学生として色々な活動に参画したいのだ。その気持は強い。

上に書き連ねた目標を達成する第一歩は再受験に成功することである。僕は、その成功率に頗る楽観的だ。合格する可能性がすごく高いと思う。でも、可能性がすごく高い、ではまだ安心できない。その可能性を限りなく100%に近づけるため、苦手科目の勉強をするべきである。苦手科目の勉強は正直したくない。全く興味が持てない。どうしたら僕自身をその苦痛に立ち向かうように説得できるだろうか。

「これが、俺がやりたくないことをやる最後の時だ」

と決めるのはどうか。いい。名案だ。よし、これが、俺がやりたくないことをやる最後の時、そう決めよう。それ以降、やりたくないことは一切しない。一切、だ。

今日から、化学(苦手科目)で+10点ほど取れるように勉強しよう。今考えると、僕にとって、化学ほど伸びしろがある科目はないな。

そして、最近はコードを書くことに時間を費やしてばかりだから、コードを書くのは、化学の勉強をしっかりやったといえたときだけにしよう。決まり。OK.