j0hntaの日記

大学生の思考の垂れ流し

自分の内部に報酬を求めること

生きていれば、満たされない気持ちになる。

「仕事がうまくいかない」

「恋人がいなくて寂しい」

「日々漫然と過ごしている」

こういう時、貴方ならどう対処するだろうか。多くの人は、

「散財してストレス発散」

「風俗に行って寂しさ解消(男)」

「新しい出会いを求める」

などのように、外に解決策を求めるのではないだろうか。僕は少なくともそうだ。しかし、このような欲求不満の解消法には問題がある。それは、自己発電できていなく、何かに依存する可能性があるということだ。人は皆何かに依存して生きていると言われればそれまでだが、依存すること自体だけでない懸念がある。

たとえば、買い物でストレスを発散すると、お金がどんどん無くなっていく。

 

このようなことを避けるには、自分のなかに欲求不満を解消するためのものを作り上げるしか無いのではないか。たとえば、筋トレ。ストレス解消と共に体づくりにもなる。あと、プログラミングなど何かを作り出すことを趣味にする。そうだ、なにか生産を趣味にすれば、それで失うものはないし、むしろお金や信用を得られるかもしれない。

 

文章がまとまらない。要旨が見えない。無理やり書き始めたからか。

東京

東京は、日本の関東平野にあり東京湾に面する都市である。日本の首都である。 江戸幕府の所在地・江戸が慶応4年7月に「東京」に名称変更された。都が京都から明治2年3月28日に「東京」に遷されている。(Wikipedia

 これが、Wikipediaによる東京の説明である。僕にとっての東京の説明は次のようになる。

東京は、日本で最も人が集まる場所である。満員電車、交通渋滞、家賃が高いなどのデメリットがあるが、それを上回るメリットがあるので東京の人口は少子化が叫ばれる現在でも増加傾向にある。そのメリットとは、娯楽の種類や数が多い、仕事の種類が豊富、などはもちろんだが、なにより東京には日本、いや世界を変えるようなおもしろい人々が集まる場所であることだ。 彼らから受ける刺激はあなたの人生の糧となり、ガソリンとなるだろう。もしかしたら、あなたが世界を変えるのかもしれない。

 僕の父親は東京出身で祖父母は埼玉県に住んでいるので、北海道出身の僕でも東京には小さい頃から何度か行った記憶がある。その子供の頃の記憶では僕は、「東京嫌い。水はまずいし空気は汚い。人も多くて息が詰まる」と言っていた。しかし、大学生になってからの僕は、少なくとも2ヶ月に一回は高速バスに乗って東京に行き、色んな所を散策したりした。カフェ巡りもした。彼女も東京で出来た。理科大生でもないのに理科大の自習室で作業をしたりした。

人の考え方って、けっこう大きく変わるものなんだね。